光線療法(紫外線照射療法)

当院では光線療法(紫外線照射療法)を実施しております。

紫外線照射療法とは

紫外線の中で特定の皮膚病に効果を上げる波長を出す医療用紫外線照射装置を使用して治療をすることが多くなされております。 主に乾癬・白斑・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎などに効果があります。 紫外線療法には主にUVA(長波長紫外線)・UVB(中波長紫外線)・ナローバンドUVB療法の3種類に分類されます。その中でもナローバンドUVB療法は有害な波長の紫外線を除去し、照射時間が短い点、UVA療法のような前処置が不要である点が良いところです。 当院では近畿圏でも大阪大学、近畿大学など数カ所の施設にしか設営されていない最新鋭の紫外線照射器Waldmann UV7002を導入しております。 照射回数も1-2週間に1回程度です。ご希望がございましたら、医師・看護師にお伝え下さい。

紫外線照射器Waldmann UV7002

乾癬の治療でお悩みの方:アトピー・尋常性乾癬の最新治療

当院の最新鋭キャビン型 紫外線治療器 UV7002について

赤色レーザー・LED を使用した脱毛症治療

院長のWebセミナー

書籍のご紹介:乾院長の著作書籍はこちら

DOCTOR'S BLOG - 心斎橋いぬい皮フ科 乾 重樹院長 オフィシャルブログ -

診療時間は午前診療が10:00〜13:00、午後診療がPM 16:00〜19:30となります。また、休診日は木曜午後・土曜午後・ 日曜・祝日です。

当院へのアクセス

地図

住所

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目
5-11 心斎橋フロントビル4階

交通アクセス

  • 地下鉄「心斎橋」駅
    2番出口(梅田側出口)下車
    クリスタ長堀 北8番出口すぐ
    ※地下鉄8番出口ではありません

  • 地下鉄「長堀橋」駅 2号出口
    徒歩5分

  • 地下鉄「四ツ橋」駅 1号出口
    徒歩5分

論文・著作一覧

リンク集

pagetop