粉瘤・皮膚腫瘍

粉瘤とは

粉瘤とは毛穴が袋状になった一種の良性腫瘍(のう腫とも言います)です。基本的に皮膚ですので、角質が次々できて、なかに古い角質となって溜まっていきます。みかけは皮膚がドーム状に盛り上がり、時間の経過とともに少しずつ大きくなります。問題は感染を起こしたときです。細菌が侵入すると、膿が溜まり赤く腫れあがります。顔や頭、首、耳、背中、おしりなどにできやすい傾向があります。毛穴がない足底にもできることがあります。皮膚が陥入してできます。

粉瘤
皮膚がドーム状に腫れ上がり、中央に点がある。
腫れている箇所をつまむと白や黄色、黒っぽいものが出てくる。
数㎜程度の小さなものから、ソフトボール大のものまである。
化膿した場合、真っ赤に腫れあがり痛みを伴う。

※上記のものは、あくまで一例です。詳細は担当医師にお伺い下さい。

当院の粉瘤の治療

1.粉瘤の二次感染

細菌感染を合併してしまった場合は抗生剤を内服します。膿が出る場合は中から押し出す必要があります。なかには痛がりの方々もおられます。当院ではできるだけやさしく処置するように心がけています。しかし、昔から「膿あらば出せ」という言葉もあり、ちょっとがまんして頂いて膿を圧出させることもあります。診察時にどうぞご相談下さい。

2. 粉瘤の外科治療

二次感染自体は飲み薬や塗り薬などで治りますが、もともとあった粉瘤は手術で取るしかありません。良性の腫瘍なので手術を行うかどうかは患者さんの意思を尊重いたしますが、取ってしまいたいという希望があれば、外科的治療をお勧めしています。 当院では兵庫医科大学形成外科教授 垣淵正男先生を手術のために招聘させて頂き、施行頂いております。

乾癬の治療でお悩みの方:アトピー・尋常性乾癬の最新治療

当院の最新鋭キャビン型 紫外線治療器 UV7002について

赤色レーザー・LED を使用した脱毛症治療

院長のWebセミナー

書籍のご紹介:乾院長の著作書籍はこちら

DOCTOR'S BLOG - 心斎橋いぬい皮フ科 乾 重樹院長 オフィシャルブログ -

診療時間は午前診療が10:00〜13:00、午後診療がPM 16:00〜19:30となります。また、休診日は木曜午後・土曜午後・ 日曜・祝日です。

当院へのアクセス

地図

住所

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目
5-11 心斎橋フロントビル4階

交通アクセス

  • 地下鉄「心斎橋」駅
    2番出口(梅田側出口)下車
    クリスタ長堀 北8番出口すぐ
    ※地下鉄8番出口ではありません

  • 地下鉄「長堀橋」駅 2号出口
    徒歩5分

  • 地下鉄「四ツ橋」駅 1号出口
    徒歩5分

論文・著作一覧

リンク集

pagetop