赤色LEDを使用した
最先端脱毛症治療

当院では赤色LEDを頭皮に照射し、細胞を活性化させ発毛を促します。男女を問わず治療可能であり、飲み薬などと合わせて治療を行うことで、さらなる効果が期待できます。

このようなお悩みをお持ちの方は当院にご相談ください。
髪のボリュームが少なくなった
抜け毛が多い
分け目が気になる
髪が細くなった
生え際が後退した気がする
飲み薬などで発毛治療をしているが、効果が薄い
髪の毛が特定の箇所だけ薄くなった(円形脱毛症)

脱毛症の種類と原因

脱毛症には様々な種類があります。

脱毛症とは、なんらかの原因で抜ける毛髪が多くなってしまう状態のことを指します。脱毛症には様々な種類があり、また誘因も異なってきます。

当院の院長は、発毛を専門に扱っているため、的確な治療を行うことが可能です。

赤色LED治療の3つの特徴

  1. 1
    痛みのない治療
    赤色LEDを照射することで毛根にある「毛母細胞」を活性化させ、発毛を促します。
    火傷などのリスクはなく、安全に治療をすることができます。
  2. 2
    薬の服用と同時に治療が可能
    赤色LEDは副作用がないため、プロペシア等の投薬と併用しての治療が可能です。通常の発毛治療よりも高い効果が期待できます。基本的に併用薬の制限はありません。
  3. 3
    日常生活の中での治療
    赤色LEDによる治療は、日常生活に支障をきたすことはありません。治療後すぐに散髪をすることもシャワーに浴びることもできます。会社帰り等で夜しか通院できないという方でも安心して治療を受けることができます。

治療にかかる費用

1回につき1,500円(税込)回数は週1回が標準です。

赤色LEDによる脱毛症治療の開発にあたって

赤色LEDによる脱毛症治療は、当院の院長が大阪大学寄附講座准教授時代に開発したものです。

LEDには傷を治したり皮膚の色素沈着を取り除くといった効果があるという事はすでに報告されていましたが、毛根にある「毛乳頭細胞」を活性化させる効果があることを発見しました。
赤色LEDの光は波長が長く、毛乳頭細胞のような皮下の深部にある細胞までを活性化させ、発毛を促進させることが可能です。

効果検証のためにヘアサイクルが休止期に入っている複数のマウスを対象に、2~3日おきに赤色LEDの光を照射する実験を行ったところ顕著な変化を確認することができました。

細胞の増殖を促進し、毛髪の成長に効果をもたらす

赤色LEDを照射していないマウスの皮膚の色が2週間経っても白いのに対し、照射したマウスは毛が生え、黒く色づき始めていました。
毛が生えている面積を計測すると、統計的な意味で毛が成長していることがわかりました。

超狭帯域赤色LEDによる育毛効果(ラットによる実験データ)

ラットによる実験データ

人体に応用した場合にも痛みや副作用はないため、レーザー治療や紫外線治療を上回る安全性の高い治療であると言えます。
今後も、毛乳頭細胞で起こっている毛の成長のメカニズムの解明に尽力し、赤色LEDを使用した脱毛症治療の効果をさらに高いものへとするための研究を続けます。


引用文献

Fushimi T, Inui S, et al: Narrow-band red LED light promotes mouse hair growth through paracrine growth factors from dermal papilla. J Dermatol Sci 64: 246-248, 2011.

乾癬の治療でお悩みの方:アトピー・尋常性乾癬の最新治療

当院の最新鋭キャビン型 紫外線治療器 UV7002について

赤色レーザー・LED を使用した脱毛症治療

院長のWebセミナー

書籍のご紹介:乾院長の著作書籍はこちら

DOCTOR'S BLOG - 心斎橋いぬい皮フ科 乾 重樹院長 オフィシャルブログ -

診療時間は午前診療が10:00〜13:00、午後診療がPM 16:00〜19:30となります。また、休診日は木曜午後・土曜午後・ 日曜・祝日です。

当院へのアクセス

地図

住所

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目
5-11 心斎橋フロントビル4階

交通アクセス

  • 地下鉄「心斎橋」駅
    2番出口(梅田側出口)下車
    クリスタ長堀 北8番出口すぐ
    ※地下鉄8番出口ではありません

  • 地下鉄「長堀橋」駅 2号出口
    徒歩5分

  • 地下鉄「四ツ橋」駅 1号出口
    徒歩5分

論文・著作一覧

リンク集

pagetop