フケ症

フケ症とは

フケは誰にでも発生するものです。頭皮の角質は、1ヶ月位かけてはがれ落ちていき、新しい角質と入れかわっていきます。このはがれ落ちる古い皮膚がフケとよばれるものです。この入れ替わりの速度が速くなると、頭皮に痒みが生じ、フケの量が増えていきます。 医学用語でいうと「脂漏性皮膚炎」とも言われますが、とくに炎症が弱い場合が、世間で言われる「フケ症」に相当すると考えています。

フケ症

フケ症の原因は下記のようなものがあります。

皮脂を栄養源としている菌が頭皮で繁殖している。
洗髪やブラッシングをする際に頭皮を引っ掻いてしまっている。
頭皮が不衛生な状態が続いている。
ヘアケア用品が体質と合っていない。

当院のフケ症の専門治療

菌を原因としているフケ症の場合は、炎症を抑えるための外用薬や抗真菌外用剤、ビタミンの内服等で症状の改善を図ります。 当院ではケトコナゾールという抗菌薬を含むシャンプー(ニゾラールシャンプー)をお勧めしています。

フケと脱毛対策のシャンプー ニゾラールシャンプー

フケは誰にでも発生するものです。頭皮の角質は、1ヶ月位かけてはがれ落ちていき、新しい角質と入れかわっていきます。このはがれ落ちる古い皮膚がフケとよばれるものです。この入れ替わりの速度が速くなると、頭皮に痒みが生じ、フケの量が増えていきます。 医学用語でいうと「脂漏性皮膚炎」とも言われますが、とくに炎症が弱い場合が、世間で言われる「フケ症」に相当すると考えています。 ニゾラールシャンプー 100ml 2778円(税別)

ニゾラールシャンプー

h毛量の推移

一旦中止で悪化したが再使用で発毛効果があらわれた。

 

ライティング

乾癬の治療でお悩みの方:アトピー・尋常性乾癬の最新治療

当院の最新鋭キャビン型 紫外線治療器 UV7002について

赤色レーザー・LED を使用した脱毛症治療

院長のWebセミナー

書籍のご紹介:乾院長の著作書籍はこちら

DOCTOR'S BLOG - 心斎橋いぬい皮フ科 乾 重樹院長 オフィシャルブログ -

診療時間は午前診療が10:00〜13:00、午後診療がPM 16:00〜19:30となります。また、休診日は木曜午後・土曜午後・ 日曜・祝日です。

当院へのアクセス

地図

住所

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目
5-11 心斎橋フロントビル4階

交通アクセス

  • 地下鉄「心斎橋」駅
    2番出口(梅田側出口)下車
    クリスタ長堀 北8番出口すぐ
    ※地下鉄8番出口ではありません

  • 地下鉄「長堀橋」駅 2号出口
    徒歩5分

  • 地下鉄「四ツ橋」駅 1号出口
    徒歩5分

論文・著作一覧

リンク集

pagetop